220728-株式会社ケイジパックとの連携授業で表彰式が行われました。

2年生前期に取り組んだ株式会社ケイジパックさんとの連携授業が表彰式のかたちで締めくくられました。今年は3年ぶりに直接の工場見学ができて、より深い理解から楽しいアイディアが出たのではないかと感じます。学生が提案したアイディアの中からケイジパックさんが1案を選び、具体化していただきました。CGと縮小模型は作っていましたが、原寸で着色された自分のアイディアが大きな立体になって目の前に存在するのは、まるで夢が現実になったような驚きでした。

学生が提案した構造では、部品の組付けが弱かったので、全体のイメージは保ちつつ構造の変更を施していただきました。車輪はダミーで、本体の底にキャスターが配してあってスムーズに移動ができます。

材料は強度が高く、軽くて多色印刷可能なRe-boardという強化ダンボールです。ディスプレイや什器など様々な利用方法が展開できる大きな可能性を秘めた素材です。力の弱い人でも運搬、組み立て、分解ができるので、女性の社会進出にも大きな助けになります。また廃棄のときも有害物質を出さないという長所もあります。
試作品制作と表彰まで本学の学習に全面的にご協力くださいました株式会社ケイジパック様に心から感謝申し上げます。
熱心にご指導いただいた岩田先生、ありがとうございました。表彰されたのは、下記1点で、制作していただいたのは福山さんのアイディアです。試作品だけでなく、ケイジパックさんからは副賞もいただきました。

また、応募アイディア全体について、社長から学生一人ひとりにコメントと激励をいただきました。ありがとうございました。

最優秀賞 ICE CREAM SHOP:岡田彩羽


前半は別の教室で、デザインコンペに応募する課題の発表を行いました。各自コンセプトパネル、立体の模型を提示しました。
後半第1ゼミ室に移動して表彰式が行われました。