3年次生は前期最後の授業成果の発表を行いました。
4月に施設見学をさせていただいた株式会社ボーネルンドの方2名が来られ、日頃学内で学生と教員だけに発表する時とは異なった緊張感がありました。いただいた質問やアドバイスも遊具・玩具を通じて子供の発達段階への深い造詣からくるもので、学生の学びにも大きな助けになりました。発表後は学内の展示場所に移動し、それぞれの作品についての自由な意見交換が行われました。展示場所には、金曜日の木材加工制作の作品や、2年次生のテーブルクロック(置き時計)のパッケージ作品も並んでいました。

今回は、新型コロナ感染症の影響で2年前のように直接学生と園児が触れ合う機会が持てないので、遊びの様子をビデオ記録していただきました。このビデオと保育士さんからの詳細なアドバイスがその後のデザイン改善の確固とした裏付けになりました。
謝辞:日常の保育活動の中で試作品での遊びを長時間録画記録していただきました嵯峨野こども園の園長、保育士の皆さん、新しい玩具に触れて楽しく創造的に遊んでくれた園児の皆さんに心より感謝申し上げます。
この授業のために特別なご協力を賜りました皆さまに感謝申し上げます。

熱心にご指導いただきました中島真範先生、木村康隆先生に感謝いたします。

**************************